安蘭けいは歌唱力も性格もすばらしい、吉田鋼太郎と結婚の可能性は

公開日: : 最終更新日:2015/02/20 宝塚

Sposored Link

宝塚音楽学校卒業主席の実力派!

1070年10月9日生まれ。身長167cm ・AB型。愛称はとうこ。
1989年、宝塚音楽学校入学。卒業時の成績は首席。

1991年、第77期生として宝塚歌劇団に入団。月組『ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。同期生には春野寿美礼、朝海ひかる、花總まり、成瀬こうきなど。1992年、雪組に配属される。1995年、新人公演「JFK」で初主演。ジョン・F・ケネディ役を演じる。

2000年、星組に組替え。

2003年には日生劇場「雨に唄えば」でドン役を演じる。さらに「王家に捧ぐ歌」(宝塚版アイーダ)では事実上のヒロイン・アイーダ役を演じる。『ミュージカル』誌では作品がベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門2位、さらに松尾芸能新人賞も受賞した(現役のタカラジェンヌでは初の受賞)。2004年には「ファントム」日本初演でシャンドン伯爵を演じる。翌2005年、主演公演「龍星」では、複雑な生い立ちをもつ孤独な主人公を務めた。

2006年、入団16年目にして星組トップスターに就任。日本国籍でないことを公表したタカラジェンヌがトップスターに就任した例は鳳蘭(中国籍、後に日本に帰化)に次ぐ二人目。相手役には専科より遠野あすかを迎える。お披露目公演は、ドラマシティ・日本青年館公演「ヘイズコード」。大劇場お披露目公演は「さくら/シークレットハンター」。

2007年、「エル・アルコン-鷹-」(原作・青池保子)では、ダーティー・ヒーローを演じた。

2008年には熱望していた「赤と黒」を上演。同年6月、日本初演ブロードウェイミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」(原作:紅はこべ)を上演。同作の作曲家フランク・ワイルドホーンより、「ビューティフルでソウルフル。ブロードウェーの一流の歌手と苦労して作った曲を情熱的に見事に歌ってくれた」と絶賛される。同作品は第34回菊田一夫演劇賞演劇大賞を受賞。「月刊ミュージカル」誌でもベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門1位を獲得した。

これらの受賞を機に退団を決意、2009年4月26日、「My Dear New Orleans~愛する我が街~/ア ビヤント」の東京公演千秋楽を最後に退団。相手役の遠野と同時退団だった。

※在日韓国人3世で、芸名は「アリラン伝説」の主人公アラン、本名から安、花の蘭、慶尚南道の慶に由来する。

Wikipediaより抜粋

imageimage

宝塚には4度目のチャンレンジで合格しました。中卒、高1、高2、ラストチャンスの高3まで毎年受け続けたとことになります。青春の全てをかけて、夢を追い続けた結果が実りました。実力がありながら、一度で合格できないというのも厳しい世界ですね。

各テレビ局が、宝塚の受験生を密着する番組をやるのですが、この子は背も高いし華もあるから、絶対合格するのでは? あるいはきれいな娘役になりそうと思われた女の子達が、最後のチャンスで不合格になり、涙を飲むのもよく見かけました。何年もバレエに声楽にと厳しいレッスンを積んできているにもかかわらず。華さえあれば合格できるわけでもなさそうです。

トップになるスターは皆一発で合格するのではと、思われそうですが、複数回で合格しトップになった方も珍しくはありません。

彼女の実力で何度も落とされたのは不思議です。男役としては身長が低かったからでしょうか、それくらいしか思い当たりません。その時の欲しい生徒と合致しなかたからかもしれませんが。いずれにせよ、入団後すぐに頭角をあらわし、新人公演で連続主演、小ホールを主演も経験し、星組へ移籍に。

しかし、そこからトップへの道は長かったですね。まず少し上の上級生達がつまっていて、当時は一度でもトップ路線に乗せた生徒は、降格というのがしない方針だったのでしょうか、とりあえず短期でもトップににさせたり、長く2番手別格扱いにさせたりで、トップの順番がなかなかやって来ず、2〜3番手的位置が長く続きました。

その上、若手時代は彼女より抜擢が遅かった同期ふたり(春野寿美礼・朝海ひかる)よりさらに後にトップにされるという人事は、ファンも本当にやきもきするような長く苦しい期間だったと思います。その間には、日生劇場で大作ミュージカルの主演(雨に唄えば)等活躍の場は与えられてはいましたが。

安蘭けいさん本人も、トップになれないかもしれないと思ったこともあるそうです。この頃の宝塚の迷走するような人事は、ファンでなくても疑問を持つようなことばかりでした。

しかし、無事トップに就任し、作品にも恵まれ、存分に活躍しての退団となりました。終わり良ければすべて良しですね。退団後も数々の舞台に出演され、活躍されているのは周知の通りです。

彼女の舞台人としての魅力は?

下級生の頃の彼女は、男役にしては華奢な体型のせいか、少年役、王子系の役が多かったと思います。初バウ公演主演(若手中心の公演)「イカロス」も、少年役で好演していましたが、彼女の本来の魅力はを引き出しているかといえば、疑問です。本公演では先輩方がたくさんいるので仕方はないですが。星組移籍直後に、主演した「恋吹雪花吹雪」の石川五右衛門役は良かったです。

彼女の魅力に気づいたのは、雪組時代にショー「レ・レシェルバン」の一場面、若手男役を引き連れて歌い踊った、ラテンの名曲「グンバンチェロ」の時でした。歌唱力はもちろん、情熱的に歌い上げる格好良さに驚きました。哀愁漂う眼差しの内に秘めてる情熱の炎とでもいいましょうか、とにかく素敵でした。この曲はトップお披露目のショーでも確か披露していますよね。

主演ではないのですが、若手時代の作品で「凍てついた明日」で、劇中テーマ曲「ブルース・レクイエム」を、彼女がラストに涙ながらに歌うシーンは忘れられません。上手いだけではなく、独特の声質が魅力的なのです。その歌唱力・演技力を今度は女優として、さらに活躍の幅を広げていかれるのを楽しみにしたいと思います。

安蘭けいさんは、さらに人柄もすばらしい

Sposored Link

安蘭けいさんの人柄ももすばらしいのです。現役時代のエピソード等で、同期はもちろん、下級生までこんなに慕われ人望のある人はいないのではという印象だったんですが、実際に…。

はいだしょうこ、爆弾発言!? 宝塚は「性格いい人少ない」

女優・タレントのはいだしょうこが、かつて所属していた宝塚歌劇団について、性格がいい人は少ないとオフィシャル・ブログで明かした。

24日付のブログで、テレビ収録の際、偶然、元宝塚星組男役トップスター・安蘭けいと一緒になったことを明かしたはいだ。安蘭のことを宝塚一、性格がいいと思っているといい「損得を考えず、誰に対してもおなじで、上級生にも、下級生にも、み~んなに慕われていましたっ」と尊敬の気持ちを記している。

その後、「女だけの競争の世界だし本当に根っから性格がいい方って、正直なかなか少ない気がするけれど。。。ははは」と宝塚の裏事情を打ち明けた。

2012年5月25日付 シネマトゥデイより

かなりのぶっちゃけ話ですが、彼女の人柄の良さは間違いないないようです。

吉田鋼太郎と熱愛発覚’! 結婚の噂は?

image

 俳優吉田鋼太郎(55)と宝塚歌劇団出身の女優安蘭けい(43)が交際していることが18日、分かった。今日19日発売の「女性セブン」が報じている。同誌は、今月のある日、都内の飲食店で食事デートをした後、安蘭の自宅マンションに吉田が2連泊したと伝えている。吉田は同誌の取材に「彼女っていうか、パートナーというか、いいお付き合いということで」と答えている。11年舞台「アントニーとクレオパトラ」の共演をきっかけに交際をスタートさせたという。2人の所属事務所はともに「プライベートは本人に任せています」。吉田はNHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演中。

2014年6月19日付 日刊スポーツより

吉田鋼太郎さんといえば、蜷川演出作日では主演を数多く務められてい実力派の俳優で、とてもお似合いのカップだと思います。熱愛発覚直後に、吉田さんは朝ドラの「花ことアン」の伊藤伝右衛門役で大ブレイクし、お茶の間でも人気者になりました。

お互い交際を認めているようですが、やはり気になるのは吉田鋼太郎さんは、今度結婚する場合、実質四度目の結婚になることですね。結婚不適合者ではないかという不安もよぎりますが…。長く続いているみたいなので、このまま順調にいって、ゆくゆくは結婚してほしいですね。

imageimage

 

安蘭けいの哀愁漂う瞳と情熱と歌声は忘れられない!

Sposored Link


関連記事

大和悠河のカップは?収入と優雅なる独身貴族の謎の私生活

  元宝塚宙組トップスターの大和悠河ゆうがさんです。そのセレブで謎のベールに包まれた

記事を読む

毬谷友子は超お嬢様で元宝塚の歌姫! いいともで失言の天然ぶり

宝塚音楽学校主席卒業の実力派 毬谷友子(まりやともこ・1960年生まれ)さんとえば、宝塚出身の女優

記事を読む

姿月あさとの天然の可愛さと歌唱力が魅力の大人気スター

初代宙組トップスターに大抜擢! 宝塚の初代宙組トップに就任し大ブレイクの人気スターに。退団後はその

記事を読む

和央ようかのご主人は世界的作曲家! 驚きのセレブな国際結婚!

和央ようかのこれまでの軌跡 和央ようかさんは、宝塚宙組の人気男役トップスターとして、活躍されました

記事を読む

野々すみ花が「あさが来た」に!元宝塚娘役トップの可憐な演技派女優

  元宝塚のトップ娘役で女優に転身した、野々すみ花さんが、2015年9/28スタート

記事を読む

紫吹淳はお嬢様!実家とマネージャーが話題の不思議ちゃん!だが実は実力派の魅惑のスター

  紫吹淳さん元宝塚トップスターの女優です。またまた、下世話なタイトルを付けてしまっ

記事を読む

真琴つばさは今も人気の男前! 結婚感、宝塚時代、檀れいとの関係は

真琴つばさは宝塚時代では劣等生!大器晩成型の男役 真琴つばさんは宝塚退団後も、バラエティ番組でも、

記事を読む

稲垣吾郎の同居人、ヒロくんの奥様は、三城礼さん!元星組男役スター だった!

ヒロくんとは怪しい関係ではなく、奥様はなんと元宝塚男役の三城礼さん! SMAP×SMAPで初公開さ

記事を読む

麻路さきはブラジルへセレブ婚、一児の母!は元宝塚星組の王子

元宝塚星組トップスターの麻路さきは、退団直後に玉の輿結婚 在団中にトップ男役スターが、結婚発表する

記事を読む

「とと姉ちゃん」で注目の川栄李奈の演技力と女優として可能性

「とと姉ゃん」の演技で注目の川栄李奈」 NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん

毬谷友子は超お嬢様で元宝塚の歌姫! いいともで失言の天然ぶり

宝塚音楽学校主席卒業の実力派 毬谷友子(まりやともこ・1960年生ま

「真田丸」おこう役長野里美は小劇団の看板女優! ご主人は上杉祥三

病弱なおこうさんは、人気小劇団の看板女優 NHK大河ドラマ「真田丸」

とと姉ちゃん!優等生の親友田中綾役の阿部純子は現役の慶大生の才媛

才色兼備の田中綾役の阿部純子は 高畑充希主演のNHK朝ドラ「とと姉ち

麻路さきはブラジルへセレブ婚、一児の母!は元宝塚星組の王子

元宝塚星組トップスターの麻路さきは、退団直後に玉の輿結婚 在団中にト

→もっと見る

PAGE TOP ↑